【子どもの英語学習】”Frog and Toad Are Friends”の音読レッスン

3月から小1と年中の子ども達と英語学習をスタートして半年経ちました。

体調不良の時はお休みしていますが、今のところ毎日続いています!

英語の家庭学習で、どのくらい出来るようになったのか、確認してみたいと思います!

子どもと家庭で英語学習を考えている人の参考になれば嬉しいです。

半年間の間に取り組んだ英語学習

英語学習で参考にしている本

廣津留真理さんの「英語で一流を育てる」の勉強法を取り入れています。

私が取り組みで意識しているポイントは、3つ

  1. 毎日続けること
  2. 英単語暗記
  3. 音読

 

今のところ、毎日続けることができています。

きっとこの調子で親子で継続できそうです。

 

英単語暗記も本のように大量に覚えることはできていませんが、少しずつ暗記しています。

超・音読法は、9月に入って始めました。

まずは、フォニックス

先ほどの本には書かれていませんが、導入編としてフォニックスも取り組みました。

この2つの動画を見て、発音練習しました。

少しだけ単語を読めるようになりました。(CATとかDOGとかですが…)

1,2カ月経ったら、教えていないのにアルファベットが書けるようになりました。

この動画は公式の動画(宣伝みたいなもの)で一部しか見れません。

我が家はDVDを購入しています。

注意
LeapFrogはアメリカのDVDなので、リージョンフリーのDVDプレーヤーで見る必要があります。

こちらは単語も一緒に覚えられるのと、ペースがゆっくりなので、子どもが一緒に歌いやすいです。

英単語を暗記

英単語は「アルクの2000語えいご絵じてん」をずっと使っています。

今は12ページ分覚えました!

絵があるので、子ども達でも単語のイメージができるのでおすすめです。

英語の意味が分からない時は、ページの下にある番号を音声ペンで押すと、日本語訳が流れます。

最近は、覚えた単語の復習クイズを出して、飽きないようにしています。

英語の音読

9月中旬から音読をスタートしました。

ちょぴママ

急に内容が難しくなる!!でも子ども達は違和感なく取り組んでいて、びっくり!

フォニックスを何か月も続けて、子どもも飽きてきたので、フォニックスをやめました。

(たまにリクエストがあれば動画を見る程度)

音読に使っている本は「Frog and Toad Are Friends」(日本語訳:ふたりはともだち)です。

created by Rinker
¥480 (2019/09/20 10:23:29時点 Amazon調べ-詳細)

「ふたりはともだち」は、小学2年生の国語の教科書にも載っているようです。

我が家は、日本語、英語の本とCDを購入しました。

(まだCDは使ってません💦)

最初に日本語で本を読んで物語を理解します。

created by Rinker
¥1,026 (2019/09/20 18:28:13時点 Amazon調べ-詳細)

次に英語で私が読んだ後に、子ども達が音読しています。

先日、youtubeで動画を見つけたので、子ども達に見せたら喜んでみてました。

やっぱりネイティブのスピードは速いです。

私は聞き取れますが、子ども達は9割聞き取れていません。

もう少し聞き取る力もついたらいいなぁと思うので、このまま様子を見たいと思います。

英語学習をブログで報告する理由

日々続けていると、本当に上達しているのか、どのくらいできるようになったのか、よくわからなくなります。

変化が感じにくいんです。

不定期でもブログで報告しておくと、後で読み返した時に上達がわかります。

何をしたら、どんな効果が出たのか、記録しないとすぐに忘れてしまいます。

英検5級合格を目指す

成長が感じにくい中で、英語力が増えたかの判断の一つとして、一年以内「英検5級合格」を目標にします。

英検合格に向けての準備なども記録として残していきたいと思います。

テスト勉強で英語を嫌いにならないように、注意して取り組みたいと思います。

英語学習の目的は、英検に合格することではないですからね!

私は、子どもたちが自分で英語学習ができるようになるまでのお手伝いです。

親子勉強の間、英語を好きになってもらうように、精一杯頑張りたいです。

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です