未来を楽しむ終身保険をFPさんに勧められて契約した私のレビュー

未来を楽しむ終身保険を現在契約中の私が本音のレビューを書きました。

少しでも参考になれば嬉しいです。

あくまでも素人である私の視点ですので、こんな考えもあるんだなという風に受け止めてくださいね。

※この保険を勧めたり、否定するものではありません。

資産運用?~未来を楽しむ終身保険に加入~

私は保険は将来に対するリスクを少なくするために入るものと考えています。

これまで加入している保険は、夫の生命保険、子どもの学資保険、自動車、自転車、地震・火災等の損害保険のみでした。

自分はそれで充分と思っていましたが、2016年にマニュライフ生命の「未来を楽しむ終身保険」を契約しました。

未来を楽しむ終身保険を申し込むきっかけ

2016年に女性向けマネーセミナーの広告を見て、「お金のこともっと勉強したいな」と申込んだことが発端です。

マネーセミナーは、FP(ファイナンシャルプランナー)さんがプレゼンをしていて、お話の上手な方でした。

セミナーでは特に個別の保険の勧誘などはありません。

セミナーの終わりに、個別でアドバイス受けたい人を募集して、後日マンツーマンで相談します。

我が家の現状を話した結果、未来を楽しむ終身保険で余裕資金の運用?(どういう表現だったか忘れました💦)を勧められました。

2016年はアベノミクスが自分的に一段落して積極的に投資をしていなかったので、そのお金を代わりに運用してもらおうと考えて、加入しました。

ちょぴママ

これ以上、保険いらないって思ってたのに、いつの間にか申し込む気になってた!?

申し込み時の設定

※2016年契約時点の保険の話です。現在の設定などは保険会社にお確かめください。

この保険はいくつかの選択肢があり、自分で設定することができます。

  • 「定期引き出しタイプ」と「ターゲットタイプ」
  • 為替は米ドルと豪ドル
  • 積立利率適用期間は定期引き出しタイプは15年、ターゲットタイプは10年と15年

私はちょこちょこ引き出す必要がなかったので、このように設定しました。

  • 「ターゲットタイプ」
  • 私が将来円安予想なので米ドル
  • 10年

最低保険料は「定期引き出しタイプ」「ターゲットタイプ」ともに20,000米ドル、20,000豪ドル~になります。

最低保険料で契約

20,000米ドルで申し込むために当時の為替の関係で220万円を振り込みしました。

ターゲットは110%なので、240万円が目標金額になります。

注意
加入から1年間はターゲットを達成しても受け取ることはできません。

1年後からターゲットを達成した時点で円建て終身保険に移行するので、必要であれば解約返戻金として受け取ることができます。

もし、10年以内に目標額に届かない場合は、そのまま運用継続もできますし、払い出しもできます。

ちょぴママ

とりあえず目標額達成しなくても、ずーっと加入していれば、損することはなさそうかな

という具合で自分で投資資金として運用する代わりに、保険を申し込みました。

未来を楽しむ終身保険を申込んでから気づいたこと

1年経ってすぐに220万円が240万円になればラッキー♪なんだけど、もし10年かかったら???

10年で20万円増やす→1年で2万円……自分で出来そうじゃない?と思いました😫

ターゲット達成?!為替が動いて、240万円になった!と思ったら違った💦

マニュライフ生命から送られてくる運用実績の詳細に載っている運用情報をチェックしてみると、5つの項目があります。

私はてっきり2の積立金額がターゲット達成すればいいんだと思っていたのですが、5の解約返戻金が240万円にならないとターゲット達成にはならないんです。

  1. 基本保険金額
  2. 積立金額
  3. 市場価格調整金額
  4. 解約控除
  5. 解約返戻金(xxx万円)👈ここが目標金額にならないといけない!!

積立金額が240万円に達成して、大喜びしたのですが、全然連絡がないので問い合わせました😂

そして解約返戻金が目標金額にならなければいけないことを知りました( ;∀;)

ちなみに解約返戻金は240万円にはほど遠かったです😢

市場価格調整金額って?

解約返戻金額を計算する際、市場金利に応じた運用資産(債券など)の価格変更を解約返戻金額に反映させることで生じる金額のこと

(未来を楽しむ終身保険の四半期運用実績の詳細より引用)

こちらのサイトで詳しく説明していました。

参考 市場価格調整(MVA)

正直、理解したような?していないような?という感じなのですが、契約時の利率と解約時の利率の差があると、場合によっては解約時に調整金額が引かれると理解しました。

解約控除って?

解約控除とは、解約返戻金(解約払戻金)を計算するにあたって、契約者の持ち分である、保険料積立金から差し引かれるの額のことです。
保険契約を結んで短期間のうちに解約した場合に適用されるケースが大半です。

(ライフネット生命の生命保険用語辞典より引用)

この保険に限らず、保険を何かあって早い段階で解約する時って加入時に支払った時より少なく戻ってくるんですよね。それはこの解約控除が引かれているからなんです。

マニュライフ生命の未来を楽しむ終身保険も、払い出しを希望する=解約するということですから、解約控除が引かれます。

解約控除は契約年数によって、利率が違います。

当時もらったパンフレットにもきちんと記載されていました💦

 

この保険に加入するメリット/デメリット

メリット

あくまでも私が考えるメリットですが…

  • 解約時および積立金の全額払い出し時に益がある場合、一時所得になりますが、年間50万円までは特別控除により非課税扱いになる。
  • 万が一の時は、死亡保険にもなる

私の場合は20万円が一時所得ですが、50万円以下になるので非課税。

つまり税金が発生せず20万円全部もらえます。

これはメリットだと思いました。

MEMO
私の場合は目標額に達成した場合、20万円増えて戻ってくるわけですが、株や投信などで利益を出した場合、20%の税金(4万円)が発生します。

それが保険で受け取ると非課税になるので、20万円そのまま受け取れます。

デメリット

いつ目標額に達成するかわからない。

余裕資金で申し込んでおいてよかったです。途中でお金が必要になって解約して損したらもったいないです。

保険にかかる費用(保険関係費および運用関係費)が2.05%と高い

投信の費用でも今は低コストのものが多いので2%以上の費用は高額です。

私が利用しているひふみ投信の信託報酬は0.98%+税です。

それよりも1%も高い!保険申し込み時には気が付かなったコストも今はデメリットだなぁと感じています。

解約控除がかかる

上でも書いたように、保険加入して最初の数年は解約控除率が高いです💦

最後に

私は資産運用をしているので、この保険で払った220万円を自分で運用すれば、年2万円以上の利益が出せたなぁという気持ちがあります。

いま解約すると返戻金が払込金額より少ないので、解約しないで目標金額に達成するのをじっと待っています。

あくまでも私の視点ですが、ご参考になれば嬉しいです。

現時点(2019年1月18日)での運用成績は?

私がこの保険に加入してから2年半強経ちました。現在の解約返戻金はどれくらい?とご質問を頂きましたので、運用成績を載せたいと思います。

(1週間ほどで削除予定です。)

日本円で220万円で申し込みました。

積立金は233万円まで増えていますが、市場価格調整金額と解約控除が引かれて、現時点の解約返戻金は197万円となっています。

そしてドル建ての保険なので、為替の影響を受けています。

あと数カ月経つと解約控除率が8%→7%になるので、解約控除で引かれる金額が減って満期に1歩近づきます…🙏

 

クリックが励みになります。
よろしくお願いします♪

にほんブログ村 小遣いブログへ

シェアする

12 COMMENTS

ymis

初めまして。コメント失礼します。
私もマニュライフ生命の未来を楽しむ終身保険の加入を検討しています。
投資は勉強不足と怖さがありできておらず、銀行に貯めている余剰資金で加入を考えています。
ちょぴママ様は220万円を2年以上預けていると思うのですが、今の段階で解約返戻金がいくらになっているのか、よろしければ教えていただきたいです。
参考にしたいなあと思っています(>_<)。

返信する
ちょぴママ(ゆう)

初めまして。ymis様、コメントありがとうございます。
ご質問頂きました件、回答いたしますね。
加入したのが、2016年の半ばなので、今は2年半ちょっとになります。
現時点での解約返戻金は、197万円でした。
積立金自体は233万円まで増えていますが、解約控除など引かれてしまうので、この金額です。
そしてドル建て保険なので、為替(今109円…)の影響で日本円換算だと少ないです。

運用情報をブログの記事に追記しますね。ご参考になれば嬉しいです。

返信する
ymis

とても参考になりました!!
パンフレットを熟読していると、シュミレーション値のみで実績が書かれていなかったので心配していました。
銀行に寝かせておくことを考えれば契約してもいいかなと思っています。
ありがとうございました!!

返信する
ぽっぽ

わたしも、女性向けのマナーセミナーに参加して、ファイナンシャルプランナーだか保険屋だかの男性の方のお話を聞き、まさに同じ保険を勧められて、一応契約書は書いたのですが、まだお金を振り込んでいません。ちょっも急かされて契約した感じでもあったので、契約書は書いてしまったのですが、お金を払い込む前にきちんと調べようと思い、こちらにたどり着きました。
実際やってみてオススメできるものでしょうか?わたしの場合はターゲットタイプの豪ドル100%最低保証・積立利率適用期間15年です。不安でしかないので、アドバイスいただけたらと思います。ちなみに金額は500万です。

返信する
ちょぴママ(ゆう)

こんにちは。
私も素人なので、こうした方がいいというアドバイスはできませんが、もし私が今同じものを勧められたら、断ります。
私の契約は、現時点で丸3年くらいですが目標金額まで遠くじれったいです。
ご契約の15年ってかなり長く感じます。
それと500万円が急に必要になって解約したとすると、解約にかかる手数料が高く、元本割れの可能性も覚悟する必要があると思います。
500万円ってかなり大きな金額ですよね。不安に思うのであれば、クーリングオフも一つの手だと思います。

お金のプロじゃないので、あくまでも私だったらですが、ご参考になれば幸いです。

返信する
POKA

はじめまして。明日にでもこの未来のーの契約入金する予定です。一応250万振り込む予定なのですがパンフレット見ると120%で3年くらいで平均達成とあったため長くても…5年以内なのかと思ってますが甘いですかね⁇私は投資も何も無知なため心配になりました。はなしでは、簡単に額になれば電話来ますとのことでしたが…例えば目標達成額になったときは解約返戻金はかからないですよね⁇本当無知ですみません。

返信する
ちょぴママ(ゆう)

はじめまして。
まず初めに、私は本当に素人でお金のプロではないので、その点ご理解くださいませ。
その上でご質問頂いた内容ですが、パンフレットにある平均運用期間は、目標達成したデータのみの平均なので、10年間達成できなかったデータは入っておらず、いいデータのみの平均値になっています。
3年~5年で目標達成したら早い方だと感じます。。。(私も契約前に平均運用期間のからくりがわかっていなかったので、同じように3年くらいかな。と思ってました。)

目標達成すれば電話かかってきますよ。

それと目標達成額になった時というのは、払戻額が目標達成額になった時なので、解約控除は引かれています。(意味伝わるでしょうか?)
解約控除は解約手数料と言い換えた方が分かりやすいかもしれません。

目標達成額(払戻額)=現在の評価額-解約控除(手数料)

私自身、目標達成額=払戻額だといことに気が付くまで1年以上かかってしまいました。。。
ご参考になれば嬉しいです。

返信する
POKA

ご丁寧にありがとうございます。このプランが2015年からのプランのようで中々ネットに成功⁇が載ってなくこちらの記事を参考にさせていただきました。私も達成額=払戻額と思ってましたが諸々のこみまでいかないと達成ではないということですよね⁇ほけんの窓口でしか聞いてないためいいことだらけなのかとおもってましたが。。120%にしたらこわいですが今日明日振込行く予定です。
もしチョピママさんが達成したらまた載せていただけますか⁇

返信する
ちょぴママ(ゆう)

いえいえとんでもないです。私も成功例とはいえませんが、疑問点少しでも解消のお役に立てたのであれば嬉しいです。
POKAさんのおっしゃるとおり、諸費用も込みで達成しないといけないです。
達成まで気長に待っていますが、達成した時は必ずご報告いたしますね!

返信する
POKA

昨日とうとう、250万入れてきました( ; ; )初めはウキウキしたのですがそんな甘くはないですよね、諸費用分が…ちょぴママさんは110%、私は120、15年…パンフでのシュミレーションでいけばあっという間な感じですが待つのみですね。早く達成する事願ってますね

ちょぴママ(ゆう)

ありがとうございます。
POKAさんも早めに達成されるよう願ってます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です