初めての資産運用は「つみたてNISA(積立NISA)」推し

私は資産運用が趣味なので、つみたてnisa、特定口座での投資信託の積立、個別株、債券で資産運用をしています。

そのことは家族や友人にも話していますが、「興味あるけど、損したらイヤだな」「面倒くさそう、興味ない」みたいな反応で、私のまわりで運用している人はわずかです。

私の妹から、「何かやってみたいけど、何したらいいの?」と質問がありました。

今回は、妹が相談してくれた時のように、「お金を増やしたいけど、何から始めたらいいか分からない。」人に向けて、私だったら何から始めるかを書いていきます。

個別株で損を出した私が安定運用を目指してたどり着いたのは…積立投資です。

2019年1月アメリカ株と投資信託の含み損は?2019年の方針は?

初心者に向いているのは長期の積立投資

以前、リスク別の投資の話を書きました。

非公開: 投資初心者におすすめの方法は?リスクを減らしてお金を増やそう!

低リスクの定期預金、国債は安心感がありますが、利率が低いので大して増えません。

私だったら、定期や国債より少しリスクをとって投資信託の長期積立を始めると思います。

積立投資の期間を長期にすればするほど、利益を出せる確率が高くなります。

 

参考:「三菱UFJ国際投信 金融レポートで金融庁が訴える積立投資の有効性を5年10年15年20年で検証する」というレポートがありました。

5年、10年、15年、20年と積立投資した時の結果を比較しています。

5年、10年だと損失が出る場合もあるが、15年、20年だとほとんどのベンチマークで利益が出せています。

長期の積立投資は、お得な制度「iDeCo」か「つみたてNISA(積立NISA)」を活用

長期の積立投資をするとなったら、「iDeCo」(個人型確定拠出年金)と「つみたてNISA」といった非課税制度を活用しましょう。

iDeCoとつみたてNISAの違いは?

どちらも運用益に対して非課税ですが、大きな違いがあります。

iDeCoは年金なので、60歳まで引き出せません。

途中でやっぱりそのお金必要!とならないように、余裕資金で運用する必要があります。

iDeCo つみたてNISA
引き出し制限 60歳まで引き出せない いつでも出金できる
所得控除 掛け金は全額控除 控除なし
運用益にかかる税金 非課税 非課税
最低金額 5,000円~(加入者によって上限が異なる) 100円~(証券会社によって異なる)

私がつみたてNISAを選んだ理由

iDeCoの掛け金の控除と非課税は、資産運用する上で大きなメリットですが、60歳まで引き出せないのがデメリットです。

そして私のような所得のない主婦は、所得控除ができません。

この2つのデメリットを考えて、つみたてNISAを選択しました。

自分に合う方を選択しましょう。

MEMO
専業主婦で夫につみたてNISAのお金を出してもらうと贈与税がかかる場合があります。

1年で40万円ですが、毎年40万円を定期的にもらうと暦年贈与として40万円×もらった年数が贈与税の対象となる可能性あり。

つみたてNISAは今年始まったばかりの制度なので、将来的に事例は出てくると思いますが、現時点ではわかりません。

私は独身時代の貯金と他の資産運用で得た利益をつみたてNISAの資金にしています。

つみたてNISAって何?

(金融庁ホームページより引用)

つみたてNISAは、2018年から始まった非課税制度です。

現時点では2037年までが投資可能期間です。

1年間の積立額は40万円まで、非課税対象期間は20年間です。

ひと月にすると約3万3千円。

月1万円など自分で準備できる金額から始めることができます。

金融庁が定めた基準をクリアしたものが対象商品となるので、初心者にぴったりの投資になると思います。

金融庁が定めた基準って?

  • 販売手数料ゼロ(ノーロード)
  • 信託手数料は一定水準以下
  • 毎月分配型でない

等の基準があります。

詳細:金融庁ホームページ「つみたてNISAの概要

つみたてNISAだけじゃなく普通に投資信託を選ぶ時も大切な基準です。

つみたてNISAのデメリットは?

さんざんお勧めしているつみたてNISAですが、デメリットもあります。

まず、投資商品なので、元本割れのリスクがあります。

そして損失を出したときは、損益通算や繰り越し控除ができません。

そうならないための長期の積立投資なのですが、デメリットも知っておきましょう。

つみたてNISAの始め方

どこで口座を開設するといいの?

私はSBI証券でつみたてNISAを開始しました。

SBI証券で始めたものの、楽天証券がいいプランを打ち出してくるので、来年度からは楽天証券でつみたてNISAをすることに決めました。

今は書類手続き中です。→変更手続き完了しました。

もし今から始めるんだったら、これを自分に勧めます。

  • 楽天証券で口座開設
  • 楽天カードでつみたてNISAの積立支払い
  • ポイント投資

楽天カード(クレジットカード)で年間40万円分積立したら、40万円の1%、4,000ポイントがもらえます。

そのもらったポイントでも投資信託を購入します。

楽天証券で口座を開設する

つみたてNISAの口座を開設したら、何を買えばいい?

金融庁の基準をクリアしている商品なので、気になる投信を選ぶといいと思います。

ちょぴママ

投資は自己責任なので、最終的には自分で選ぶのが大事かなと。

でももし私だったら…

初の資産運用、他の資産は全て日本円だとすると、世界に分散投資している投資信託を選ぶかな…って考えました。

私はアメリカの好調な経済がこれからも続くと思っているので、「i FreeのS&P500インデックス」(アメリカの大型株500銘柄)を選びましたが、楽天VTI(米国全体)もいいですよね。

本当に世界に分散投資なら「世界経済インデックスファンド」(世界全体、株式&債券)、「楽天VT」(全世界株式)もあるし、迷いますね。

ちなみに世界経済インデックスファンドは子どもの口座で長期投資前提で積立中です。

注意
ここで挙げた投資信託も一例で、必ず上がるわけではありません。

損をするリスクもあることをご承知ください。

徹底したドルコスト平均法「毎日積立」実施中

SBI証券では投信の積立は日にち指定もできますが、毎日積立も選べます。(楽天証券も)

投資信託の基準価格が下がった日もかかさず積立しているので、気に入っています。

最後に

もし妹にまた聞かれたら、このページを見せるつもりで書きました。

投資のプロでも何でもないですが、投資6年分の経験から私なりに自分に合ったリスクの少ない資産運用を考えています。

資産運用の考え方は人それぞれなので、他の意見もあるかと思いますが、これも一つの考えとして参考になれば嬉しいです。

2019年1月アメリカ株と投資信託の含み損は?2019年の方針は?
シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です