ウミガメに会えた!ウェスティンハプナビーチリゾートのビーチとプールが最高!

2019年夏休みはハワイ島へ家族旅行へ行きました。

宿泊先の一つ、ウェスティンハプナビーチリゾートのビーチとプールをご紹介します。

ハプナビーチは、以前全米ナンバー1に選ばれたこともあるビーチで、今年はベスト8に選ばれました。

ハプナビーチは、パブリック(公共)のビーチとウェスティンの敷地前にあるプライベートビーチがあります。今回はウェスティンハプナビーチリゾートの目の前のビーチのレポートになります。

ちょぴママ

プライベート感たっぷりビーチ&プールを満喫してきました!

ウェスティンハプナビーチリゾートの目の前に広がるビーチ

プールエリアから撮った写真ですが、本当に目の前にビーチがあります。

写真が下手な私が撮っても、めちゃくちゃ綺麗です。

正直に言うと、今まで海水浴ってあんまり好きじゃありませんでした。

なのでプールをメインに過ごすことが多かったのですが、ここのビーチはそんな気持ちを忘れさせてくれる最高のビーチでしたよ。

白砂が特徴でサラサラしていて、足が痛くなることはありません。

海に入っても足が痛くなることもなく、水も透き通って綺麗です。

私たちが遊んだ日は波も高くなかったので、子供達も大喜びで海で遊びました。

ここで遊んでいたら、周りで「タートル!」という声が聞こえたので、見てみるとウミガメも遊びに来ていました。

ちょぴママ

息子と私もちょうど近くで遊んでいたので、見ることができてラッキー!

一瞬のことだったので、カメラでは撮れませんでした。残念!

ホテルからビーチに抜ける道に旗が立っています。

私たちの滞在中は黄色の旗でした。

赤い旗の時は遊泳禁止や高波などの警告の意味なので、海で遊ぶのは止めましょう。

ウェスティンハプナビーチリゾートのプール

続いてホテルにあるプールです。

プールは2つあって、1つは18歳以上の大人が利用できるインフィニティプール。

家族で来ている人が多いからか、数人が利用しているくらいで混雑はしていませんでしたね。

もう一つは、皆が利用できるプールです。

混んでる感はありませんが、それなりに人はいます。

深さも深すぎることもなく、浮き輪を使いながら子供達は楽しんでいました。

事前に知っていましたが、スライダーはありません。

スライダーがなくても、海とプールでたくさん遊んだのでOK!

※スライダー系はヒルトンワイコロアビレッジが充実しています。

浅めのところもあります。小さい子が遊んでいました。

それに写真を撮るのを忘れてしまいましたが、ジャグジーもありました。

カバナは有料ですが、パラソル・チェアは自由に利用できます。

見ての通り、チェアーの場所取りをする必要もなく、空いているところを利用できました。

カバナの利用料金

ファミリープール 半日$75(w/tax) /終日$150(w/tax)

インフィニティプール 半日$100(w/tax)/終日$200(w/tax)*ナウパカ・ビーチグリルのドリンク2杯含む

脱水機、洗濯機、乾燥機はありません。

水洗いしてラナイの椅子にかけたりしたら、翌朝には乾いてました。

ちなみに、マウナケアホテルには洗濯機、乾燥機があり、なんと洗剤も含めて全て無料で利用できます。

ウェスティンハプナビーチリゾートにもぜひ設置をお願いします。

ちょぴママ

洗濯機&乾燥機があれば、私的にはパーフェクト!

ホテルの客室についてはこちらに書いています。

お気に入り♪ウエスティン ハプナ ビーチ リゾート宿泊記~ハワイ島子連れ旅行~

次回、ウェスティンハプナビーチリゾートのレストランについて書いていきたいと思います!

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です