お気に入り♪ウエスティン ハプナ ビーチ リゾート宿泊記~ハワイ島子連れ旅行~

2019年夏休みに家族4人でハワイ島へ旅行してきました。

5泊7日のハワイ島滞在では下記3ヵ所に宿泊しました。

  • ウェスティン ハプナ ビーチ リゾート
  • ヒルトン・ワイコロア・ビレッジのオーシャンタワー
  • マウナ ケア ビーチ ホテル

さっそく宿泊ホテルの一つであり、一番のお気に入りの「ウェスティン ハプナ ビーチ リゾート」をご紹介したいと思います。

ウエスティンハプナビーチリゾートの場所

コナ空港を出発してホテルへ向かう道はずーっと溶岩の黒く固まった土、所々に生えている草、ワイキキとは全く別の世界が続きます。

空港から40分走るとウェスティンハプナビーチリゾートに到着します。

ホテル入り口で係りの方からレイを首にかけてもらいました。

ホテルに入ると、真正面に広がる白い砂浜と青い海!

私の写真だとあの開放感が伝わらないのが残念です。

ちょぴママ

入り口に入った瞬間、「ハワイだ!」という気分になりますよ。

チェックイン時にはウェルカムドリンクもいただきました。

マリオット系列のホテルですが、運営は西武プリンスホテル。

それに関係するのかわかりませんが、ドリンクと一緒におしぼりが出てくるのが日本っぽいと思いました。

さっぱりするし、嬉しいサービスです。

ウェスティンハプナビーチリゾートのパーシャルオーシャンビューをご紹介

パーシャルビューの部屋からの景色

早速ご紹介していきますね!

こちらは部屋から見た景色です。

ちょっと雲が多くて気になりますが、パーシャルと言いながらも海がよく見えました!

お部屋リクエストのポイント

私が感じたことなので他のご意見もあるかと思いますが、次回予約時にリクエストしたいのは2つ。

①高層階

写真に写っている手前の建物は工事中だったので、パーシャルオーシャンビューの部屋でも高層階をリクエストした方が建物が気にならないと思います。

工事は午前中から夕方まで少し音がする時間もありましたが、日中はプール&海で外にいる時間が長かったので、それほど気になりませんでした。

②エレベーターに近い

またこちらのホテルは横に長い作りなので、エレベーターに近い方をリクエストした方が、すぐメインフロアに行けます。

私たちは何もリクエストしなかったので、メインフロアまで距離がありました。

リノベーション後でとても綺麗な部屋

ツインベッド1台1台が大きくて、大人2人と子供2人(小2&5才)で余裕を持って眠れました。

(近くにあるマウナケアホテルのツインは少しサイズが小さいです。)


テレビの横のソファーも大きくて、こちらでゴロゴロしました。

ラナイでも大きなソファーがあります。

ラナイにはソファー(子供達がゴロゴロした跡が付いてます笑)とテーブル&椅子がありました。

ちょぴママ

風を感じながらソファーでゴロゴロしながらビール飲んで、最高でした♫

無料のお水は1Lまたは1.5L?の大きなペットボトル、それにコーヒーはスターバックスです。

その下には空っぽの冷蔵庫、来る前にワイコロアのスーパーで購入したコナビールやおつまみや果物を冷やしました。

ちょぴママ

続いて洗面所、お風呂、トイレですが、とにかくキレイです!

洗面所はダブルシンクで使いやすく、お風呂とシャワーブースも別でした。

しかもシャワーは固定式と持つタイプの両方がありました。

水の出もよく、ストレスなく使えます。

アメニティーはウェスティン ホワイティー アロエです。アロエのいい香りがします。

そして肝心のトイレは洗面所右側に個室があります。

ウォシュレット!ハワイのホテルで初めて見ました。

清潔感のあるトイレで安心感がありましたよ。

ウェスティンハプナビーチリゾートの宿泊費

我が家が泊まった7月後半は、パーシャルオーシャンビューの部屋に素泊まりで1泊5万円くらいかかります。

今回は2泊ともホテルのポイントを利用しました。

こちらのホテルは、17才までの子供は添い寝利用が可能なので、支払ったのはリゾートフィーのみ。

 

1泊目はマリオット(Marriott bonvoy)のポイント宿泊、2泊目はプリンスクラブのポイント宿泊を利用しました。

各ホテルのポイントプログラムについては別の記事にまとめますが、お得に素敵なホテルに泊まることができるプログラムです。

  • Marriott bonvoy カテゴリー5 必要ポイント数35,000
  • プリンスクラブ 必要ポイント数20,000

※レストランや駐車場代の費用は別途支払っています。

 

マリオット(Marriott bonvoy)のポイントが貯まるSPGアメックスカードについてまとめています。

【2019年1月】SPGアメックスを1年半使ってわかったメリット、デメリットを徹底解説

ウェスティンハプナビーチリゾートのお得な情報

①グリーンプログラム

ハウスキーピング(ベッドリネン交換、タオル交換)をしなければ、5ドルのリゾート・ルーム・クレジットまたは500SPGポイントが1日1回もらえます。(今回は利用しなかったので詳細はわかりません)

②レストラン「メリディア」のドリンク券

部屋にポストカードくらいの大きさの紙が置いてあって、よく見るとドリンク券でした。

レストランmeridia(メリディア)で食事をする時に、このカードを持っていけばドリンク1杯プレゼントしてもらえます。(うちの場合は夫と私の分がフリーに。)

ちょぴママ

このカードはいつまで配布しているのかわかりませんが、レストラン「メリディア」を利用する時はぜひ使ってくださいね。

レストランでの食事はまた別の記事で書きたいと思います。

ウェスティンハプナビーチリゾートのラウンジ

レストランメリディアの隣にハプナラウンジがあります。

公式ホームページでも見つからないのですが、泊まる前に問い合わせた時の情報になります。

朝6時から夜9時まで軽食や飲み物がサービスされます。

以下の対象者であれば利用することができます。

  • Marriott bonvoyのプラチナ会員以上
  • 利用料金を支払う(大人2人$90、5−12歳の子供1人あたり$22.5)
  • 対象プランを予約(現時点では見つかりませんでした。)

我が家は今回利用しなかったので残念ながら詳細は分かりません。

参考:アロハストリートのホームページ

ウェスティンハプナビーチリゾートの周辺

ハプナビーチリゾートの近くにはマウナケアホテルがあるくらいで、周辺には何もありません。

レンタカーがあれば、ホテルの外で食事したり、スーパーで買い物したりできます。

レンタカー以外にUberも利用しましたが、割とすぐ来ました。

レンタカー、Uber利用なしだとハプナビーチリゾートまたはマウナケアホテルでの食事になると思います。

この二つのホテルは夕方になるとシャトルバスが出るので、両方のレストランを利用することが可能です。

ちょぴママ

本当に周りに何もないので、食事のことはある程度考えておくことをお勧めします。

この後も、ハプナビーチリゾートのイケアランディングでの朝食、メリディアでの夕食、ハプナビーチ&プールについて書きます。

ハワイ島でのホテル選びの参考になったら嬉しいです。

ウェスティンハプナビーチリゾート概要

住所:62-100 Kauna’oa Drive Kohala Coast, Hawaii 96743
TEL:808-880-1111
FAX:808-880-3142

コナ国際空港まで43km、ドライブ所要時間(平常時)約40分

リゾート料金:1室につき1日$34.41(税込)が加算 ※2020年1月以降 1日 $34.49(税込)

駐車料金

セルフパーキング $25 (税別)(1泊 24時間 1台)
バレーパーキング $30 (税別)(1泊 24時間 1台)

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です