湯回廊菊屋で温泉を満喫!子連れで泊まる時の注意点も【宿泊レビュー】

今年の10連休GWの真ん中に2泊3日の伊豆修善寺旅行へ行ってきました。

旅行当日8時半くらいに出発をしましたが、かなりの渋滞で到着までに5時間近くかかってしまいました(涙)

(通常は2時間半くらいで着きます。)

やっと着いた修善寺、1泊目は「湯回廊 菊屋」に泊まりました。

修善寺旅行の基本情報
  • 2019年5月(GW)
  • 2泊3日
  • 1泊目の宿泊先:湯回廊 菊屋(2泊目は伊豆マリオットホテル修善寺)
  • 移動手段:車
  • 家族4人:夫、私、息子(小2)、娘(年長)
  • 参考にした口コミ:じゃらんnet「湯回廊 菊屋」

こちらの記事では「湯回廊 菊屋」のレポをお届けします。

修善寺1泊目「湯回廊 菊屋」へ

こちらのお宿、創業380年を超える老舗旅館になります。

明治の文豪「夏目漱石」がご静養に訪れた宿であり、昭和天皇もご幼少の頃ご滞在されたお宿です。

旅館のホームページには「時を旅する宿」なんて書いてあって…

ミーハーなもので、「素敵!ここに泊まりたい!」と予約しました。

「湯回廊 菊屋」の場所

修善寺の中心を流れる桂川沿いに旅館があります。

歩いてすぐのところに修善寺があり、もう少し先には足湯のスポットや竹林もあり、散策が楽しめます。

「湯回廊 菊屋」の駐車場

無料の駐車場に35台まで停められます。

旅館の横には数台しか置けないので、少し移動して駐車する必要があります。

 

チェックインではお菓子とお茶のサービスも

玄関を入ってすぐのテーブルでチェックインをしました。

その時に伊豆名産のみかんゼリーとお茶、おしぼりを頂き、リフレッシュ。

早速お部屋へ案内して頂きます。

本館和室のお部屋をご紹介

部屋の扉を開けて、一つ目のびっくり。お茶のいい香りがしました。

茶香炉が焚いてあります。

靴を脱いで部屋へ上がると、二つ目のびっくり。

部屋がとにかく広い!

手前にテレビとテーブルが、隣も十分なスペースにこたつが置いてあります。奥にはベッドが2台並んでいます。

子どもたちが早速走ってベッドへダイブ!

あ、写真撮りたかったのに…

いつものことながら、シワシワになったベッドの写真しか撮れませんでした。

夜寝るときは、こたつのあった場所に子どものお布団を敷いてもらいました。

「湯回廊 菊屋」の温泉をご紹介

続いて、温泉のご紹介をします。

湯回廊という名の通り、館内の湯処をぐるりと回る廊下で結びます。

  • 2つの貸切露天風呂
  • 露天風呂
  • 大浴場
  • 貸切夢想風呂

湯処が5カ所もあって、いつでもお風呂を楽しめます。

ラッキーなことに貸切露天風呂が空いていたので、夜と朝と2回も利用しました。

特に朝のお風呂は普段できない贅沢。。。

とても気持ちよかったです。

「湯回廊 菊屋」の夕食「修善寺囃子(ばやし)」

「修善寺囃子(ばやし)」は伊豆・修善寺の食材をふんだんに取り入れたメニューです。

こちらは趣向会席といって台の物、洋皿、煮物、お食事は自分の好きなものを選べます。

趣向会席は夫婦で違うものを頼んだので、写真には全て載せてます。(肝心のお造りは写真忘れ!)

  • 食前酒
  • 先付け(胡麻豆腐)
  • 前菜(蛍烏賊沖漬け、鳥貝青菜和え、白魚黄身揚げ、菊花丸十、笹巻、合鴨オレンジ、桃の白和え)
  • 先椀(五目進丈、白木耳、清汁、青菜)
  • 御造り(季節のお造り、山葵)
  • 台の物(鱒幽庵焼き OR 小海老のかき揚げ)
  • 洋皿(菊屋特製ビーフシチュー OR カサゴのフリット)
  • 煮物(甘鯛茶碗蒸し OR 地魚の煮つけ)
  • お食事(山葵海苔茶漬け OR 牛時雨ご飯 OR 山葵蕎麦)
  • 水菓子(季節の甘味 蕨餅)

美味しく頂き、とてもお腹いっぱいになりました。

未就学児用の子どもメニューはこちらです。

「湯回廊 菊屋」の夕食、子連れの注意点

子連れでこちらの旅館に宿泊した時の注意点があります。

 

一つは、夕食の時間が指定できないこと。

問い合わせしたところ、17時半と19時半(時間はうろ覚え)の2択で、旅館に到着した人から選べるシステムのようです。

普段18時には夕食をスタートするので、子どもたちは19時半まで夕食を待てません。

今までリクエストが通る旅館・ホテルばかり泊まっていたので、戸惑いました。

今回渋滞がひどかったので、到着が遅くなってしまうけれど、子どもが小さいので早い時間でお願いします。と言って17時半を押さえて頂きました。

ぜひ改善をご検討お願いします。

 

もう一つは、小学生で予約した場合の夕食が大人とほぼ同じ内容だったこと。

食前酒と先付けはありませんが、それ以外は大人と同じでした。

うちの子どもの問題もありますが、今回の大人のメニューは7割くらい食べられませんでした。(残りは親が頑張って食べました…)

一方、年長の子のメニューはお子様向けのメニューで、エビフライやハンバーグなど子どもの好きなものがたくさんありました。

事前に確認を怠った私のミスでもあるのですが、小学校低学年の食事はお子様メニューの方が良かったと思いました。

これからご家族で泊まる方は事前確認をおすすめします。

翌朝、旅館の周辺、修禅寺や竹林の小径を散策

朝6時には起床する我が家なので、朝のうちに旅館の周辺を散策しました。

日中は外国人観光客の方がたくさんいるようですが、朝は人が全然いません。

澄んだ空気が気持ちいいですよ。

修禅寺は徒歩5分くらい、竹林も修禅寺から5分ほどで着きます。

帰り道に独鈷の湯もちらっと見ました。

こちらでは足湯ができるそうです。他にも散歩途中に足湯ができるスポットを見かけました。

散歩のつもりでタオルを持ってこなかったので、入れず残念です。

「湯回廊 菊屋」の朝食

一通り散策が終わり、朝ごはんを食べに旅館へ戻りました。

朝は窓際の席に案内してもらい、気持ちのよい朝ごはんでした。

朝は和食か洋食か選べます。(子どもも同じ)

我が家は、大人が和食、子どもが洋食にしました。(結果大正解!)

写真のパンは子どもが一つ食べた後です。。。

「湯回廊 菊屋」のお楽しみ

宿泊客向けのサービスが充実しています。

  • 22:00~23:30までお夜食処にて「夜鳴きそば」
  • 24時間 漱石の庵にて「コーヒー」や「冷たい飲み物」
  • 貸切露天風呂は空いていれば予約なしで利用OK

本当は夜鳴きそばもレポートしたかったのですが、夕食を食べすぎてしまい、利用できませんでした。

「夜鳴きそば」はこちらの旅館だけではなく、経営している共立リゾート系列のお宿で提供がありますよ。

「湯回廊 菊屋」アロマテラピーサロンでリラックス

写真は一切撮らなかったのですが、夜子どもが寝てから、アロマテラピーを受けました。

キャンペーン中のコース(確かデトックス?)をお願いして、アロマオイルの香りもよく、担当の女性も相性がよく、あっという間に半分夢の中へ行ってしまいました。。。

ブログを始めて疲れ目に悩んでいたのですが、こちらでケアを受けた翌朝、目の疲れが取れてかなりすっきりしました。

 

もっとゆっくりしたい気持ちはありましたが、どこも混雑するGW。

足早にチェックアウトをし、予定していた「伊豆サイクルスポーツセンター」へ向かいました。

さいごに

時を旅する宿、そんなネーミングがぴったりの懐かしさを感じる旅館。

5つの湯処や食事も充実、修善寺の中心にあって散策も楽しめる。

初めての修善寺旅行でしたが、家族で楽しむことが出来ました。

「湯回廊 菊屋」の宿泊記、参考になれば嬉しいです。

 

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です